【余白を創る】大切なことを大切にするために知っておくべき話「マヨネーズの瓶と2杯のコーヒー」

当ブログの目的として下記3つを挙げています。

・会社の枠を取り払って、自由度と充実度を上げる
・時給換算されない価値を資産に持つ
・自分が大切にしたいことを大切にできる人生を送る

aico
aico

今回は「大切にしたいことを大切にできる人生」というのがどういうものかを表しているお話があるので共有させていただきます。

この記事を読むとわかること、できること

・大切にしたいことを大切にできる人生とは、具体的に何がどうなっている人生か
・自分にとって大切なことが何なのか考えるようになる

マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーの話

とある、海外の大学での講義の話です。

教授が教壇にマヨネーズの瓶を置きました(海外ではマヨネーズが瓶に入って売られていることが多いです)。
次に教授はそのマヨネーズの瓶がいっぱいになるまでゴルフボールを入れました。
そして学生達に問いました。
「この瓶はもういっぱいですか?」
学生たちはこう答えます。
「はい、いっぱいです。」


すると教授が小さな小石を取り出し、先程ゴルフボールでいっぱいになったマヨネーズの瓶の中に入れていきました。すると、小石はゴルフボールの隙間にコロコロと入っていきました。
そしてまた学生達に問いました。
「この瓶はもういっぱいですか?」
学生たちはこう答えます。
「はい、いっぱいです。」


すると教授が今度は砂を取り出し、先程ゴルフボールと小石でいっぱいになったマヨネーズの瓶の中に入れていきました。すると、砂はゴルフボールと小石の隙間にススーっと入っていきました。
そしてまた学生達に問いました。
「この瓶はもういっぱいですか?」
学生たちはこう答えます。
「はい、いっぱいです。」



最後に教授は2杯のコーヒーを持ってきて、先程ゴルフボールと小石と砂でいっぱいになったマヨネーズの瓶の中に入れていきました。すると、コーヒーはゴルフボールと小石と砂と融合しながら流し込まれていきました。

教授はこれらが何を意味しているかについて解説し始めます。

「このマヨネーズの瓶はあなたの人生を表しています。
最初に入れたゴルフボールはあなたの人生の中で1番大切なものを表しています。
例えば家族や友人、健康や情熱をもって打ち込めるものです。
これらがあれば他の何かが無くなっても人生とは幸せなものです。 」

「次に入れた小石は少しだけ大切なものを表しています。
例えば車や家や仕事です。
その次に入れた砂はどうでもいいものです。
もしも1番始めにマヨネーズの瓶の中に砂を入れてしまったら、
大切なゴルフボールを中に入れるスペースは無くなってしまいます。」

「些細なことばかりに注力してしまうと、本当に大切なものをおろそかにして
しまいます。あなたのゴルフボールが何なのかを意識して、注力しましょう。
子供としっかり遊び、健康診断を積極的に受け、大切な人と食事に行きましょう。
掃除はあとからでもできます。忙しいからと後回しにしていると本当に大切なものを
失ってしまいます。ゴルフボールを大切にしなさい。他の砂に惑わされてはいけません」

すると、一人の学生が手を挙げて教授に質問しました。
「2杯のコーヒーは何を意味しているのでしょうか?」
教授はほほえみながら答えました。
「それは、どんなに君が忙しい人生を送っていたとしても
2杯のコーヒーを友達と一緒に飲む時間はいつでも作れるということだよ」

大切にしたいことを大切にできる人生とは

自分の人生の優先順位を知っておく


大切にしたいことを大切にできるためには、まず何が大切なのか、自分の人生の中での優先順位を知っておく必要があります。自分にとってのゴルフボールが何であるか、自分と向き合う時間を取って考えてみましょう。

仕事はゴルフボールなのか?

自分にとってのゴルフボールを考える上で迷うのが「仕事」です。
今の仕事はあなたにとってゴルフボールでしょうか?

aico
aico

人によってゴルフボールは違います。起業した自分の会社であればゴルフボールになるかもしれませんが、特に起業勤めの会社員の場合はじっくり見極める必要がありますね。

もし来週で自分の人生が終わるとしたら、社内会議と家族旅行、どちらを優先するでしょうか?そう考えると人生という長いスパンでの優先順位は必然的に見えてくるかもしれません。

目先の仕事のために、無意識に我慢していることはありませんか?家族のために、仕事でのチャンスを自ら封印したことはありませんか?自分のゴルフボールが何なのか、自分の人生はどうありたいのか、その時によって変化するかもしれませんが、だからこそいつも気に留めておくことが大切です。


サポートありがとうございます!

このブログは、読んだら実践したくなる記事づくりをモットーに、考え方やスキル、ノウハウをシェアするハードルを低くするため、全て無料で公開しています。

aico
aico

みなさまからのサポートを励みに、これからもがんばります!