【価値観】セルフブランディングに価値観が必要なワケ。人を惹き付けるものは?

aico
aico

価値観には人の心を動かす力があります。だからセルフブランディングにおいても価値観は重要です。

この記事を読むとわかること

・価値観が大切な理由
・どのように価値観が人の心を動かすか
・セルフブランディングにおける、人の心を動かす魅力とは?

価値観とは?価値観が大切な理由

aico
aico

価値観は、自然と言動に表れるものです。

しかし、普段は意識していないので時間をかけて自分の価値観が

何であるか探求することが必要です。

価値観は目に見えませんが、目に見える行動や成果、スキルや知識の土台には価値観が存在しています。

職場に憧れる働き方をしている人はいますか?いるとしたらその人のどこに憧れていますか?

aico
aico

大勢の前でプレゼンがとても上手な先輩を見ると、「スゴイなぁ〜、あんな風にプレゼンのスキルを身につけたいなぁ」と思います!

しかし、プレゼンのスキルだけを真似しても先輩のように人を惹き付けるプレゼンをすることはできないでしょう。なぜなら先輩のプレゼンには人を惹き付ける理由があり、その源は先輩が持つ価値観から来ているからです。

【仕事の担務としてプレゼンをしている人】
 ソツなく話し、無駄のないわかりやすい説明ができる。
 ただし受け手もその言葉だけを受け取る。



【価値観をベースにプレゼンをしている人】
 内側からくる自分の大切な想いがベースになった言葉で話す。
 受け手にも話し手の想いが伝わり心が動く。

aico
aico

先輩が普段どのような想いで仕事に取り組んでいるかが重要なんですね。その想いが価値観なんですね。言葉で表現しづらいですが、先輩の言動から伝わってくるものがあります。

見た目に表れる言動ばかりにこだわっていても人には伝わらないんですね。

大切なのは目に見えない部分の価値観や世界観であり、人の心に届ける源となるんですね。

どのように価値観が人の心を動かすか?

とても勉強になるYoutubeがありますので紹介します。ぜひご覧いただければと思います。

サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか

動画ではなぜApple社の製品が多くのファンを生んでいるのかが解説されています。そのために重要になるのが「ゴールデンサークル」です。

モノを売るとき、大抵の場合は「何を売っていてどんなところが他より優れているか」をアピールします。Youtubeにも出てきますがApple社を例にすると……


WHATから始める→わたしたちの素晴らしいコンピューターは美しいデザインと使いやすい機能で親しみやすい商品です。おひとついかがですか?

WHYから始める→我々は「世界を変える」という信念を持っています。違う考え方に価値があると信じています。そんなわたしたちが世界を変える手段は、この美しいデザインと使いやすい機能で親しみにあふれた製品です。それがこの素晴らしいコンピューターです。

一方でApple社が謳っているのは「なぜ売っているか」です。なぜこの会社は存在していてなんのために売っているのか。Appleは「世界を変える。違う考えに価値がある」という世界観を信じています、それを形にしたのがユーザーフレンドリーなデザインの製品なのです。このようなアピールの仕方はWHYから構成されています。

【WHATから始めるアピール】
 自分が提供するものを必要とする人に届けるビジネス(モノ自体が目的)


【WHYから始めるアピール】
 自分の信じることを信じる人に届けるビジネス(モノはその手段)

aico
aico

ブランドは人の心の中に創られます。モノは一時的に受け入れられるかもしれませんが、長く愛され続けるためには人の心に届くモノづくりが必要です。

セルフブランディングにおける、人の心を動かす魅力とは?

セルフブランディングをする際にも、モノを売るときと同じ仕組みやが役に立ちます。

【WHATからの自己アピール】
 わたしは東京大学を卒業し、大手航空会社に入社しました。

 普段は人材育成に携わっています。
 わたしのこれまでの経験はきっと御社でも活かされると信じています。



【WHYからの自己アピール】
 わたしは「1人ひとりが持つ価値を最大限に発揮させる」ことが

 働く充実感に繋がると信じています。
 部署ごとに専門性の高い航空会社でも、1人ひとりが価値を発揮して

 最高のチームになる方法に集中し、
 人材育成を通じて日々取り組んできました。わたしの経験が御社でも

 必ず活かされると信じています。


 

aico
aico

肩書だけをアピールされるよりも、普段自分が大切にしている想いをアピールされる方が、なんだか説得力があるし信頼してみようという気分になります。

自分には何ができるだろうか?と考えたとき、資格やスキル、経験に話が行きがちですが、その前にナゼ自分はこの会社で働きたいのか?働いているときに大事にしている想いは何なのか?叶えたいあり方はどんなものなのかを言語化することをオススメします。

その上で、目に見えるものに変換する手段として資格やスキル、経験が活きてくるのですね。

サイモン・シネック氏のゴールデン・サークルの話は書籍化されていますので、ぜひご一読ください。

サポートありがとうございます!

このブログは、読んだら実践したくなる記事づくりをモットーに、考え方やスキル、ノウハウをシェアするハードルを低くするため、水道哲学の概念を取り入れています。価値は読者のあなたに決めてもらうべく、無料で公開しています。

aico
aico

みなさまからのサポートを励みに、これからもがんばります!