【会社員のニューリテラシー】予期せぬ異動、もう会社辞めたい。どん底からチャンスに変える人生論。

悩める人
悩める人

想定していなかった部署に突然の異動……もう会社辞めたくなってきました。

会社員のデメリットとしてよく挙げられるのが「異動」ですよね。

自分で働く部署を選択できない不自由さは本当にデメリットなのでしょうか?

今日は、予期せぬ異動でどん底のあなたがチャンスに変えられる人生論をお伝えします!

あなたは自分の人生を計画的に進んでいるか?「計画された偶発性理論」

計画された偶発性理論

個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。偶発的な出来事は人のキャリアに大きな影響を及ぼし、かつ望ましいものである。その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこうという考え方。

スタンフォード大学 ジョン・D・クランボルツ教授

ウィキペディア
aico
aico

人生で遭遇する出来事は、自分が計画して起こしたことではなく

偶然から必然までのほどんどが予期せぬ出来事で占めています。

極端な話、生まれたときからそうです。

わたしたちは自分で生まれる場所や時間を計画して選ぶこと無く生まれてきました。
しかし「生まれた」という偶発性からわたしたちは人生の可能性を切り開こうとします。

子どもの頃にできた友達も、自分で見つけたかのように思えますが、幼稚園に通うといった必然性の中で生まれた偶発的な出会いに過ぎません。
しかし友達と一緒に経験した楽しい思い出やケンカ、共感や涙は人生の宝物となって役立ちます。

大学受験も、自分の入学を選んだのは大学側であって、自分自身ではありません。
しかし大学に入ったことで興味のある分野を深く学び、自分の将来に活かすことができます。

就職先もそうです。何かのきっかけで企業のことを知り、応募し、そして選んだのはあなたではなく企業側です。自分でコントロール出来る範囲にも限界があるんですね。

aico
aico

なにも異動に限ったことではないんですよね。

偶発的に起こった異動ではありますが、そこから新たな良い偶発性を生み出すチャンスは自分で計画することができます。

とはいえ、自分にとって都合の悪い出来事に対しては「運が悪い」と捉えてしまいがちですよね。

そもそもコントロールできる範囲が2割しかない世の中です。

コントロールできない8割に嘆くよりも

8割を味方に付けてチャンスに変えるほうが人生楽しいです

悩める人
悩める人

8割の偶発的な出来事を自分でどうにかすることなんてできるんですか?

aico
aico

できます!そのための5つの特性を紹介しますね!

偶発性をチャンスに変えるために必要な5つの特性

①柔軟性 思い込みに気づき、こだわりを手放す

②楽観性 チャンスは必ずやってくるとポジティブに考える

③持続性 できるできないより、やりたいかやりたくないかを大切に

④好奇心 新たな機会にワクワクする

⑤冒険心 リスクを取って一歩を踏み出そう

aico
aico

5つの特性を活かすと、偶然の出来事が結果的に良い方向へつながるチャンスにつながります。

①柔軟性 思い込みに気づき、こだわりを手放す

予期していない部署だから、希望ではない部署だから、わたしらしく働けない…と思い込んでいませんか?

大事なのはどの部署で働くか、ではなく、その部署でどう働くかです。

予期していない部署でも、そこでどう働くかによって新たな出会いやチャンスが生まれます。

偶然の出来事に対してもオープンマインドで受け入れられる柔軟性を持ちましょう。

②楽観性 チャンスは必ずやってくるとポジティブに考える

ものごとは表裏一体、見る方向によって悲観的にも楽観的にも捉えられます。

自分が想定していなかった部署ということは、自分の想定していない世界でのチャンスも起こりうる可能性があります。

想定していなかった、知らない、ということが悲観材料になってしまいがちですが、知らないことに恐れを抱くのは当たり前の感情だよね、と楽観的に捉えましょう。

③持続性 できるできないよりも、やりたいかやりたくないかを大切に

経理に異動だなんて、数学苦手だしわたしにはできないから会社辞めたい!と短絡的にならないようにしましょう。

できないから辞める……は、始める前に決めることではありません。

できるかできないかはやってみないとわかりません。

やりたいか、やりたくないかの判断軸は、「できるかできないか」ではなく、「自分の価値観」です。

どんな場所においても自分の価値観を大切にすることは継続して取り組みましょう。

④好奇心 新たな機会にワクワクする

好奇心をもって新しい分野に入り込むことで、もともと自分の興味のあったこととつながるチャンスが得られます。

一見関係のないことでも振り返ってみれば全てつながっていた、という事も起こりえます。

今回は希望しない部署かもしれませんが、その経験があったからこそ、最終的に希望の部署につながるかもしれません!

⑤冒険心 リスクを取って一歩を踏み出そう

希望していなかった部署への異動を受け入れた結果、未来がどうなるかは今の時点で誰にもわかりません。

成功の保証はないですが、失敗の保証もありません。

リスクを恐れず冒険心を持って行動してみましょう。辞めることはいつでもできます。

もしこの行動が成功したら人生の中で笑い話になるかもしれない、誰かを勇気づけるサクセスストーリーになるかもしれない!そんな気持ちで人生冒険してみることも大切ですね。

大切なのは、起きた事実そのものではなく
その事実に対して自分がどう捉えて動くか

想定していなかったことに対して、受け入れることが正解かどうかわからないまま前に進むのは不安ですよね。

まずは置かれている状況を全力でがんばること、それが将来につながるべく、新たな偶発性を生み出していきます。

受け入れて行動してからでも辞めるのは遅くありません!まずは受け入れてから次の一歩をどうするか判断してみましょう!

aico
aico

5つの特性を発揮して、偶発的な出来事を味方につけて、将来の可能性を広げていきましょう〜♪


サポートありがとうございます!

このブログは、読んだら実践したくなる記事づくりをモットーに、考え方やスキル、ノウハウをシェアするハードルを低くするため、水道哲学の概念を取り入れています。価値は読者のあなたに決めてもらうべく、無料で公開しています。

aico
aico

みなさまからのサポートを励みに、これからもがんばります!