【マインド】仕事の失敗をいつまでも引きずってしまう……イヤな気持ちへの対処法

悩める人
悩める人

仕事で失敗してしまって……あぁ言えば良かった、こう言えば良かった……といつまでも引きずってしまって嫌な気持ちが続いてしまうんです。

時は戻らないとわかっていても、仕事の失敗はいつまでもクヨクヨ引きずってしまうことってありますよね。

今日はそんなイヤな気持ちへの対処法を説明したいと思います。

イヤな気持ちの正体は?

以前、こんなことをつぶやきました。

失敗後のイヤな気持ちは失敗そのものが原因なのではなく

失敗したことを考え続けているマインドが原因

確かに失敗した事実にもヘコみます。

しかし、イヤな気持ちが続く正体は「考え続けていること」なのです。

大勢の前でプレゼンを失敗した

失敗した状態から逃れたい

(実際には逃れられない)

どうすれば逃れられるか考え続けてしまう

(逃げようとすること自体がイヤな気持ちを創り出す)

イヤな気持ちになる

aico
aico

大切なのは「どうすれば考え続けることを止められるか」なんですね。

失敗を考え続けてしまうことから抜け出す方法

失敗を認めて受け入れる

世の中に、一生失敗せずに生きている人なんてひとりもいません。

誰しも失敗は経験しますし、望んで失敗しにいく人なんていません。

だから、不本意ながら失敗してしまったとしても、何も特別なことではありません。

失敗してしまった事実から逃げようとせず、まずはその事実を認めて受け入れるマインドをもちましょう。

悩める人
悩める人

とはいえ、「受け入れる」ってどうやればいいんだろう?

aico
aico

とっておきの呪文をこっそり教えちゃいます

あるよね、あるある。

それはちょうど良い。

また来たね、うんうん。

イヤな気持ちになったときは、こんな言葉で受け入れてあげましょう。

aico
aico

あぁ、プレゼンでセリフが飛んでしまった……

あるよね、あるある。

そういうときもあるよね。

aico
aico

あぁ、プレゼンでセリフが飛んでしまった……

それはちょうど良かったよ、うん。

もっと練習が必要だって気づけたんだから。

次は失敗しないはず。

aico
aico

あぁ、プレゼンでセリフが飛んでしまった……

あぁぁ……

ん?また来たね、うんうん。

この気持ち、いつも失敗すると感じるやつね。

いなくなるまでよろしくね。

といった具合に、言葉に出すことで失敗を受け入れてみましょう。

考えをストップさせる自分なりのトリガーをつくる

いつでもどこでも誰しも失敗はするもの。

失敗しないような対策を取ることも大切ですが、失敗したときに早くイヤな気持ちとサヨナラする対策を取りましょう。

aico
aico

トリガーの例で、イヤな気持ちをメモすることをオススメします。

メモはイヤな気持ちを忘れるために書く

イヤな気持ちはメモに置くイメージで

大事なことを書き留めるためにメモを使うことが多いですが、メモは「忘れるために書く」という使い方もあります。

自分がどんな失敗をしたのか、その時どう感じたのか、その気持ちが今もどうなっているのか……イヤな気持ちはメモをして、メモに書き終わったらスパッとメモを閉じて、自分の気持ちと切り離すトリガーにしましょう。

失敗を次に活かすためにできること

悩める人
悩める人

できればこの失敗は次に活かしたいと思うんだけど、どうすれば次に活かせるかなぁ。

自分でコントロールできる失敗とコントロールできない失敗に分ける

コントロールできる失敗を防ぐ努力をする

失敗の原因を2つに分けます。

ここではプレゼンで失敗した原因を2つに分けます。

安定的理由変動的理由
すぐに変えられない能力や適性のこと努力次第ですぐ変えられるスキルなど
(例)
大勢の前で話すことに緊張した
聞き手からの質問が難しすぎた
緊張すると赤面してしまうので焦る
(例)
事前の練習不足
パワーポイントのページ抜けチェックをしなかった
誤字脱字チェックをしなかった
質疑応答の想定をしていなかった

2つの要素に分けたら、変動的理由に着目しましょう。

変動的理由は、自分の努力次第で短時間にて改善できます。すぐに改善につなげられない安定的理由はいったん置いておき、まずは変動的理由の改善に努力しましょう。

aico
aico

変動的理由の要素が積み重なると、安定的理由の原因を増やすことにもなります。

練習しなかったから自信が付かず、それが緊張につながった……とか、

質疑応答の想定をしていなかったから、聞き手の質問に
答えられなかった…などです。

だから変動的理由を改善することは大切なんですよ。

すぐに変えられない原因に目を向けてもイヤな気持ちが続くだけです。

失敗したことはコントロールできなくても、その失敗をどう捉えるかは自分でコントロールできますし、捉え方次第で、イヤな気持ちから早めに抜け出すことが可能です。

aico
aico

失敗直後は誰でもへコんでしまいます。

そんな自分も否定せず、「あぁヘコんだのなだぁ」と受け入れてあげましょうね。


サポートありがとうございます!

このブログは、読んだら実践したくなる記事づくりをモットーに、考え方やスキル、ノウハウをシェアするハードルを低くするため、水道哲学の概念を取り入れています。価値は読者のあなたに決めてもらうべく、無料で公開しています。

aico
aico

みなさまからのサポートを励みに、これからもがんばります!