【マーケティング】ペルソナづくり、3つの型でブログのコンテンツ力が上がります

ブログを書く上で、「誰に向けて書くか」というペルソナ設定は重要です。

悩める人
悩める人

わかっちゃいるけど、ペルソナ設定って難しいんですよね。一体、誰に向けて書けば良いかがわかれば苦労しないんですけどね…。

今回はブログのコンテンツ力を上げるために必要なペルソナづくりに3つの型があるということを紹介したいと思います!

aico
aico

型が分かれば迷わない!

この記事を読むとわかること、できること

・ペルソナづくりに必要な3つの型
・3つの型に合わせたコンテンツ力の高め方

ペルソナ設定の前に知っておきたい3つの型

マーケティング3つの型

A・・・欲しい!(そのことをよく知っていて、興味があり、欲しいと思っている)
B・・・気になってるけど…(そのことを知っているけど、欲しいとまでいかない)
C・・・まだ知らない(そのことはまだ知らない)

書こうとしているコンテンツがA/B/Cの誰にフィットしているかがポイントです。

aico
aico

今回は「ストレングスファインダー®診断」の良さを知ってもらい、診断ツールを購入してもらうコンテンツを例に説明します。

Aタイプにフィットする記事

Aタイプの人はこんなことを思っています。

Aタイプ
Aタイプ

・ストレングスファインダー®を具体的に知っていて興味がある。
・診断を受ける気がある
・プロのコーチから診断を分析して欲しい

Aタイプの人にフィットするコンテンツの条件はこちらです。

・コンテンツのブランド力がある
(投稿者がインフルエンサーであるなど、発信者本人の価値が既にある状態)

・読み手の信頼関係を得ている
(投稿者がプロのストレングスファインダーコーチであるなど、
 あなたを支持する価値がある)

・パワフルなオファーを持っている

(このサイトから診断を購入すると、プロによる分析サービスが付いてくるなど)

aico
aico

Aタイプの人にフィットするためには、ハードルの高い条件が揃っていますね。

Aタイプの人に読まれると、購入される確率はとても高いのですが、フィットするための条件は困難度が高いです。

自分の記事がこれらの条件を満たせるかどうか、考えてみましょう。

Bタイプにフィットする記事

Bタイプの人はこんなことを思っています。

Bタイプ
Bタイプ

・ストレングスファインダー®は知っているけど、どうしようかなぁ
・診断は書籍が良いのか、WEBが良いのか、TOP5だけでいいのか…
・本当に受けたほうが良いのかなぁ

Bタイプの人にフィットするコンテンツの条件はこちらです。

・読み手の求めている差別化が解消できる
(購入前に迷っているポイントに徹底的に言及できる。例:書籍とWEBの違い、
 TOP5とTOP34のメリット)

・競合サイトよりも一歩先ゆくオファーを提示できる
(診断を受けることによって得られるベネフィットを具体的に説明している。)

aico
aico

Bタイプの人にフィットするためには、読み手が迷っているポイントをいかに解消できるコンテンツになっているかが重要です。

数字を用いて信頼性を上げるのも効果的です。最新のデータや、受けることによって得られる嬉しい未来がどのようなものであるのか、具体的に説明できるならばBタイプの人にフィットできますね。

Cタイプにフィットする記事

Cタイプの人はこんなことを思っています。

Aタイプ
Aタイプ

・ストレングスファインダー®のことは知らない
・自分には何ができるのか…強みや得意は知りたい
・自分らしく働きたいと思っている

Cタイプの人にフィットするコンテンツの条件はこちらです。

・コンテンツ自体の差別化が困難
(ストレングスファインダー®のように割引が効かなかったり、知らない人に対して
 記事で差別化を狙った説明が難しいケース)

・コンテンツのメリットとストレスフリーが表現できる
(ストレングスファインダー®のメリットをわかりやすく解説。
 診断方法を丁寧に説明し、ストレス無くチャレンジできる環境をつくる)

・コンテンツが提供できる嬉しい未来を強調できる
(ストレングスファインダー®を受けることで、自分らしく働けるという結果が
 得られることが説明できる。強みや得意を知ることが何につながるか、
 読み手の想像力を掻き立てる)

aico
aico

Cタイプの人には、ストレングスファインダー®そのものの説明よりも、診断した後に待ち受ける嬉しい未来がどんなものであるかを強調すると効果的です。

Cタイプの人の購買意欲は低いですが、その人がまだ気づいていないベネフィットにリーチできれば、バズる可能性を秘めています。人数構成もCタイプの人が1番多いのが前提です。

aico
aico

自分が書こうとしているコンテンツが、タイプA〜Cの誰にフィットする記事なのか照らし合わせてみることで、どんなコンテンツ内容になるかが決まってきます。

いきなりペルソナを設定するのではなく、自分の書きたい記事がタイプA〜Cの誰にフィットするのかを先に判断してから具体的なペルソナを決めていくことをオススメします。


サポートありがとうございます!

このブログは、読んだら実践したくなる記事づくりをモットーに、考え方やスキル、ノウハウをシェアするハードルを低くするため、水道哲学の概念を取り入れています。価値は読者のあなたに決めてもらうべく、無料で公開しています。

aico
aico

みなさまからのサポートを励みに、これからもがんばります!